スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログの文字を読み易くするためにメイリオフォントを利用する。

ブログを読んでもらうために、
文章の構成やレイアウトを考えたり、画像を活用するなど、
色々な苦労があると思います。

ブログを読んでもらうための一つの手段として、
文字のフォントを活用する手段があります。

文字のフォントはスタイルシート(CSS)で指定する事ができ、
多くのブログのテンプレートでは最初からフォントが指定されています。

WindowsXPの時代は「MS ゴシック」、「MS Pゴシック」フォントが有名でした。
しかし、WindowsVistaになり新しい「メイリオ」フォントが登場し
更にWindows7では「Meiryo UI」フォントが登場しました。

「メイリオ」や「Meiryo UI」は「ゴシック」より見やすい事から
じょじょに市民権を得ており、Windows7ではデフォルトの設定が
「メイリオ」か「Meiryo UI」になっている事が多いです。

しかし、「メイリオ」か「Meiryo UI」が存在していない
古いブログのテンプレートでは、
「MS ゴシック」、「MS Pゴシック」が明示的に指定されている事が多く
せっかく「メイリオ」や「Meiryo UI」を持っているOSユーザにも
古いフォントがデフォルトで表示されてしまいます。

見ている人にとって、ちょっと古いブログだなという印象を与えかねません。

ブログのフォントを変更する方法



ブログのスタイルシート(css)のにはフォントを指定いる箇所が
--------------------------------------------------------------
font-family : "MS Pゴシック", "XXXXXX", "XXXXX" , sans-serif;
--------------------------------------------------------------
のように存在します。

フォント表示の優先順位は前から順番になっています。
この例だと、「MS Pゴシック」が先頭に来ているため、
「メイリオ」や「Meiryo UI」を持っているOSであっても、
「MS Pゴシック」が優先されてしまいます。

私の場合はこの部分を
--------------------------------------------------------------
font-family: "メイリオ", Meiryo, Verdana, Helvetica, "ヒラギノ角ゴ Pro W3", "Hiragino Kaku Gothic Pro", sans-serif;
--------------------------------------------------------------
のようにしています。
「ヒラギノ角ゴ Pro W3」等はMacユーザが良く利用しているフォントです。

好みの問題もありますが、あえて「Meiryo UI」は指定していません。

「メイリオ」と「Meiryo UI」の違い


WindowsVistaで「メイリオ」が登場し、Windows7で「Meiryo UI」が登場しました。

「メイリオ」は行間や文字幅が広く、若干読みずらいという意見から
改良版として「Meiryo UI」が登場したようです。

このため、両者のフォントは似ていますが、
得に「ひらがな」、「カタカナ」の文字幅を比べてみると、
「Meiryo UI」の方が幅が狭い事がすぐに分かります。

個人的には「Meiryo UI」はビジネス文章の印象を受けるため、
敢えて指定からは外して「メイリオ」を指定しています。
これは好みの問題かもしれません。

それぞれのフォントの見た目


百聞は一見にしかずなので、
Windowsでよく利用されるフォントを並べてみます。

どのフォントもサイズを同じにしています。
メイリオやMeiryoUIでは行間が大きいことも分かると思います。

●MSゴシック

MSゴシック


●MSPゴシック

MSPゴシック

●メイリオ

メイリオ

●MeiryoUI

meiryoui.png







スポンサーサイト

FC2ブログの管理画面がIEで正常に動作しない場合の対応

FC2のブログの管理画面をIEで表示した時、
正常に動作せずIEがフリーズすることがあります。

私の場合はFC2ブログ管理画面から「テンプレートの設定」を開くと
ほぼ100%の確率でIEがフリーズします。

これはFC2のサイトが悪いわけではなく、
他のサイトでも同様の現象が発生することがあります。
FC2のブログは良く利用されているせいか、この内容の記事は良く見かけます。

どうしてこの事象が発生するのか?詳しい説明はここでは割愛します。

この事象を解決するために私が確認した方法を記載します。

■IE11の場合
IEで「GPUレンダリングではなく、ソフトウェアレンダリングを利用する」にチェックを入れます。
この設定は【ツール】→【インターネットオプション】→【詳細設定】から実施可能です。

私はこの方法で解決しました。

■IE9,10の場合
アドレスバーに表示される互換表示設定で、
互換表示モードとしてFC2ブログを表示します。

またIE11では互換表示設定がアドレスバーに表示されず、
【ツール】→【互換表示設定】でサイトを登録必要がでてきました。
互換表示をするよりサイトを新しい内容で置き換えることをMSは推奨しているようです。

ただ、IE11では互換表示設定を実施しても、
この事象は改善されませんでした

■上記でも解決しない場合
IEでFC2ブログを確認することを諦めたほうがよいかもです。。。
Firefox,chrome等を利用することがお勧めです。



googleアドセンス収益をスマホのアプリで確認

googleアドセンスの収益がスマートフォンのアプリで確認できるようになりました。

さっそく試してみると見やすいデザインで結構使える感じです。

収益を確認するアプリケーションなので、広告の作成等ができるわけではありません。

もともとgoogleアドセンスのPC向けページはスマートフォン用のページも用意されていますが、

操作性や見やすさはこちらの専用アプリの方が優れていると個人的には思います。

またスマートフォン用のページよりも確認できる情報量が多いです。

アプリケーションはAndroid用とiOS用の両方が用意されています。

●google adsense
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.ads.publisher&hl=ja

収益の確認をするために
スマートフォンでいつでもどこでもっていうもの変な話ですが、
便利です。

またgoogleアドセンスには未対応ですが、
同様のコンセプトで各種アフィリエイトサービス(A8ネット、楽天アフィリエイト、バリューコマース等)
の収益を確認できるスマホのアプリもあります。

●アフィリエイト成果管理ブラウザ ASPExplorer
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.asp.apps&hl=ja


バリューコマースの支払合算

大手ASPであるバリューコマース(ValueCommerce)で、
複数サイトの報酬が合算して支払われるようになりました。

バリューコマースの最低支払報酬は1000円なのですが、
これまで、最低支払報酬はサイト単位で設定されておりました。

報酬合算の考え方



アフィリエイトの報酬がサイト単位に

サイトA : 800円
サイトB : 1500円
サイトC : 900円

となっていた場合、

これまでは最低支払報酬を超えているサイトBの1500円が支払対象となっていて、
サイトA,サイトCは1000円を超えていないため、
1000円を超えるまで報酬の支払いを待たなければいけませんでした。

複数のサイトを管理していると、
どうしてもアクセスが少ないサイトの報酬は少なくなりがちです。

しかしこれからは最低報酬が合算してカウントされるため、
上記例の場合だと、3200円が支払われることになります。

アフィリエイトでどしどし稼いでいる人にとっては
あまり関係ない話かもしれませんが、
お小遣い稼ぎ感覚でアフィリエイトをしている人にとっては嬉しい機能です。

A8ネットをはじめとする他のアフィリエイトプロバイダーでは、
報酬の合算はあたり前だったので、
漸くって感じもあります。

報酬合算の条件



報酬を合算するにあたっては以下の二つの条件を満たしている必要があります。

・サイト毎の契約IDが同一であること
・サイト毎の支払銀行口座が同一であること

また契約IDを確認するためには、これまでの管理画面ではなく、

バリューコマースの新しい管理画面
https://aff.valuecommerce.ne.jp/
からログインをする必要があります。

今後はこの管理画面へ移行されていくのかもしれません。


googleアドセンスコードの同期と非同期

googleアドセンスでコードを取得すると、

コードタイプの欄にプルダウンで「非同期」、「同期」が選択できます。

以前は同期のみだったのですが、最近では非同期がデフォルトで指定されています。

非同期コード関して



広告の表示に時間がかかる場合、サイトそのもののコンテンツ表示が
広告に表示に引きずられ遅くなるることがありました。

広告表示件数(最大3つ)が多かったり、
スマートフォンなど回線速度がそもそも早くない場合は
シビアでないにしても少なからず影響はあると思います。
特にgoogleのサーバそのものに不具合があった場合は大変です。

この問題を解決するため、非同期が登場した背景があります。

この仕組みにより非同期とした場合、
広告が表示されなくてもサイトは表示されるというメリットがあります。

アフィリエイトを実施するサイトでも、
広告に引きずられてサイトそのものが表示されないのはデメリットですね。

実際に非同期を指定してみると、
サイトの表示が少し早くなったという方もいるようです。

少し前まで非同期広告はベータ版という扱いになっていましたが、
現在はベータ版という位置づけはなくなったようです。

非同期がデフォルトになっているところをみると、
googleも非同期広告へじょじょに以降したいと考えているように思われます。

私もgoogleアドセンス広告は非同期に置き換えました。

非同期コードのデメリット



一つだけ問題点を上げるとすれば、
以前は広告のコードの中に自分が設定した広告の名称が
自動的に埋め込まれていたのですが、
非同期になってコードの中の名称がなくなってしまいました。

広告を表示するにあたっての実害はなにもありませんが、
メンテナンスを実施する上では多少不便さを感じました。


Pagination

Utility

スポンサーリンク

メイン広告



全記事表示リンク

検索フォーム

良く読まれている記事

このブログ内部で閲覧数が多い記事を
ランキング形式で表示しています。

最新トラックバック

お勧め広告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。